害獣駆除で頼れるのはやはりプロ!最短距離の対策を打つことができる

生活を脅かす害獣を退治

屋根裏

再度の被害を防ぐには

我々人間の生活の中に侵入して、食物を荒らし、糞尿をまき散らす害獣は駆除が必要になります。害獣とは、人間の生活にとって害となる獣で、確かな概念が無く、一般にはイタチ科、ネズミ科のネズミ小動物の被害が多いですが、農家では鹿やイノシシなどが深刻な被害を受けています。バブル経済に向けて日本が高度経済成長の中、ハクビシン、アライグマ、ビーバー、ヌートリアなどの外来種がペットとして輸入されるようになり、世話を放棄する買主が自然に放したことや戦中に軍の防寒用着衣として利用されたことなどが日本で外来種の害獣が増えた原因と言われています。害獣は人や家畜を襲うこともあり、危険な生物でもあると考えられ、糞尿に含まれるウイルスが人間に有害でもあるため、害獣駆除をする必要があります。害獣駆除は罠を仕掛けることが一般的ですが、捕獲した害獣の処分に困ります。害獣駆除を行っても、再び被害に遭わないように対策をとらなければイタチごっこになります。現代の害獣は人間の生活パターンを理解しており、人を怖がりません。侵入経路を特定し、再び侵入されないような対策をとり、糞尿の処理や消毒作業を行わなければいけません。害獣駆除の専門業者は侵入経路の特定から清掃、消毒、侵入予防対策まで、完全駆除に取り組みます。動物にとって尿の臭いをつけるのはマーキング行動で、行動範囲を決める行為です。尿を放置しておくことは衛生的にも悪く、害獣の縄張り意識を高めることともなるため、必ず清掃と消毒をしなければいけません。

Copyright© 2018 害獣駆除で頼れるのはやはりプロ!最短距離の対策を打つことができる All Rights Reserved.